連載:大迫先生が薦める「不要不急のセレクト7」⑧

2020年05月11日|category:News 
もうしばらくStay homeが続きそうです。
大迫秀樹先生の「不要不急のセレクト7」は、全15回。
いよいよ折り返しの第8回になりました。
チェックして、ぜひお楽しみください。

第8回:心を突き刺した,2010年代日本映画

今回は,日本映画です。第6回と同じく,プライム会員無料(5/10時点)で,かつ2010年以降のメジャーな作品にしぼりました。
アマゾンの回し者ではありませんが,こんなときなので。
(NF:Netflix にあり)

「この世界の片隅に」(NF)

 本作も,あまちゃんも,彼女ぬきには成立しないですね。
 それを含め,制作に関わった全員に心から敬意を表したい。

「カメラを止めるな!」(NF)

 話題沸騰で期待値が高くなってましたが,あっさりクリア。
 突っ込みどころはありますが,素直に笑顔にされました。

「そこのみにて光輝く」

 評価が分かれている作品。この種の陰鬱さは苦手なのですが,
 若手俳優の演技力にぐいぐい引き込まれました。

「愛しのアイリーン」

 場末路上のキスシーンは,こよなく愛おしい。日本映画史に残る
 名場面と密かに思ってます。同監督「ヒメアノ〜ル」もぜひ。

「冷たい熱帯魚」(NF)

 Across The Universe を愛する園子温の身ぶるいする怪作。
 心理面の苦みでは引けを取らない「恋の罪(NF)」もあわせて。 

「全員死刑」

 同系「凶悪(NF)」と迷った揚げ句,こっち。でも,評価低い。
 でも,オモろい。でも,みなくていい。……どっちやねん。

「殿,利息でござる!」(NF)

 最後は軽め。「武士の家計簿」と「超高速!参勤交代(NF)」の
 中腹辺りと評価されましょうか。ご家族で楽しめます。 
※くわえて,「シン・ゴジラ」「ディストラクション・ベイビーズ」「横道世之介」「百円の恋」「紙の月」(以上すべてNFあり)
また「万引き家族」「三度目の殺人」「そして父になる」なども,いまならプライム無料。どれも評判通り,まずまずでした。

  以上,お楽しみくださいね。

||