ラスト3行を研究する!

2019年10月24日|category:特別授業のお知らせ 

編集者・藤原武志と文章を研究するシリーズ4

ラスト3行の研究

11月30日(土)17時〜19時

表現力豊かで、美しい文章であっても
最後の3行がおざなりだったら、読者の印象はガクンとダウン。

「で、何が言いたかったんやろ」ってなことになりかねません。

一方で、ラストがキュッと締まっていると
「ほうほうなるほど」ってな具合に心地いいものになります。
起承転結の「結」は、文章の善し悪しを「決」っする重要な要素でもあるのです。
ラスト3行はどうあるべきか、考えます。

講師

藤原武志(ふじわらたけし)

編集者・ライター

大阪の編集プロダクション、出版社を経て、現在、編集プロダクション「藤工作所」代表。
雑誌や広報誌の制作のほか、WEBや地域活性など幅広い分野で活動を行なっている。

講師コメント

感想をまとめてみたり、これからに期待してみたり、
締めの書き方にはパターンがありますが、果たして何がいいのでしょうか。
この研究を通して、迷いなく美しい締めの技術を会得したいと思っています!

お申し込みについて

受講料: 2,800円(当日ご持参ください)
定 員: 15名(先着順)
締 切: 講座日の前日18時まで
(定員になりしだいしめきります)
申込み方法: 大阪編集教室事務局までお電話(06-6351-7711)
またはメールでお申し込みください。

●Webからもお申込みできます。
●講座後、教室で交流会を予定しています。
 簡単な食事と飲み物を用意しています。ぜひご参加ください♪(参加費:1,500円)
 参加ご希望の方は、お申し込み時にお知らせくださいませ。

||