文章ゼミ

誰でも何でも発信できる……けど、本当におもしろい?
実践を通じて、「書くための心」を個別指導。

「なんかいい感じ」でも、世の中に発信できてしまう。
だからこそ、おもしろく書かれているものが注目される時代です。
あなたが見たこと、聞いたこと、感じたことで誰かの心を動かせたなら……。

特別な体験でなくても、日常の出来事や気持ちの変化の捉え方に気づけること。
テクニックだけではない、「書くための心」を学んで、本当の「おもしろい」に出会えるのがこの文章ゼミです。

課題提出は4種類、それぞれの書き直し提出は最低1回で、完成まで書き直しを続けます。

文章ゼミの3ポイント

文章ゼミ 講座概要

定員6名
授業時間15:00~17:40(休憩10分あり)
授業回数6か月 全10コマ(25時間)
受講料<一括>85,000円(税込)
<分割>18,400円(税込)×5回払い
※分割は「2コマごとのお支払い」になります
※分割でのお支払いは「クレジットカード決済」に限ります

何度も書き直す勇気が、本当の「おもしろい」につながる。

書くことは、自分の想いと向き合うこと。
書き直すことは、自分を見つめ直し、相手を思いやること。

何度も書き直していると、「自分は何を書けばいいのだろう」と悩むこともあります。
その時に勇気を出して、自分と向き合う。勇気を出して、大胆に書き直す。
その先にある、本当の「おもしろい」に出会うのが文章ゼミです。

本講座ではレビュー、ルポ、インタビュー、エッセイの4つの課題に取り組みます。
それぞれジャンルは分かれていますが、すべての目的は「あなたの心が動いた瞬間を誰かに伝える」ということ。

「インタビューが不安……」「どう書くのか分からない」と不安な方も、ご安心ください。
豊富な実績のある講師が、個別指導で「書くための心」をあなたと一緒に磨いていきます。

書く内容も「特別感」は必要はありません。
「何度も読んでいる・見ている作品」、「ホッとする近所のお店」、「面白そうな仕事に就いた友達」、「夕飯どきにあった笑える体験」のような日常で大丈夫です。

文章を学べば、何気ない日常だってエンターテイメント。
今感じている「おもしろい」は文章を学ぶことで、もっと、ずっと、おもしろくなります。

授業スケジュール・カリキュラム

全10コマ:15:00〜17:40 (休憩10分あり)

【2023年1月開講分】

回数日付内容
第1回1月28日オリエンテーション
その感動を、レビューに書こう
第2回2月25日レビュー合評……ムダ、ダブリを追放する
お気に入りの場所を、ルポに書こう
第3回3月18日レビュー書き直し合評
……魅きこまれる構成
第4回4月1日ルポ合評……命を吹きこむ
お気に入りの人を、インタビューに書こう
第5回4月15日ルポ書き直し合評
……一期一会を活かす
第6回4月29日インタビュー合評……その人の探検
見つけたステキを、エッセイに書こう
第7回5月13日インタビュー書き直し合評
……想いを聞く
第8回5月27日エッセイ合評
……つい読みたくなるように書く
第9回6月10日エッセイ書き直し合評
……ネタを寝かせておく
第10回6月24日それぞれの課題の書き直し合評
ゼミのまとめと修了式
*日程は都合により、変更になる場合があります。

講師紹介

河上伸男(Nobuo Kawakami)

広告代理店でコピーライターを13年、その後独立。「広告の仕事制作所 イーブン有限会社」の代表を2021年6月まで務める。OCC(大阪コピーライターズクラブ)会員。大阪編集教室の講師を30年以上担当し、今もなお熱い文章指導を続けています。

【講師コメント】
一人ひとりの書く力に合わせてコーチング。具体的にわかるまでアドバイスします。半年間のゼミを通じて、あなたの「人生の作品」と呼べるものを仕上げてみませんか。

講座の主な進め方

座学・課題発表

文章ゼミでの座学は書く心得のレクチャー。
ジャンルごとに「ポイント」をまとめたレジュメをお渡しし、一通りの説明を終えた後はひたすら実践形式に移ります。

講評・批評

受講生から提出された作品を用いて、個別で添削を入れます。講師だけでなく、受講生からも感想を伺うので、「読者の生の声」を聴きながら、文章の良いところ・悪いところが具体的に分かります。

書き直し

授業内でチェックが入った内容を、次の授業までに書き直して提出。自分の文章が磨き上げられていく、文章力を高める上で一番大切なステップです。

書き直し分講評

書き直した文章にも講師と受講生で再度チェック。修正がしたことで前回気づけなかった改善点や、書き加えるべきポイントがさらに見えてきます。文章の変化を追っていくため、切磋琢磨しやすい環境ができていきます。